5つの段階

  • by

キューブラー・ロスの死の瞬間という本で、末期患者であると知らされた患者が
死に至るまで、5つの段階を経るという、よく知られている心理がありますが
コロナ禍の中でも様々な場面で、患っていなくても似たような心理経過があるような気がしました

この経過は、ある段階で留まってしまう方、長く時間がかかる方、
全く関係なく生きられる方、人それぞれですが、
ネットで怒りや鬱症状になっている人を見かけたので、ふと思い出しました

〈第1段階〉否認と隔離

〈第2段階〉怒り

〈第3段階〉取引

〈第4段階〉抑うつ

〈第5段階〉受容

具体的な記述のあるサイトをいくつか
(有名なので検索するといっぱいあります)

http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00105/_kamoku/kiso/2000/sakasita.html

http://www.osoushiki-plaza.com/institut/dw/198712.html

自分は人生のなかで緊急事態宣言が何度かありましたが、慣れることはないです
心に芽生える心理状況を直視しながら困難な時代を乗り越えて行きたい

音楽や音の仕事は、自分には片手間でできるものではないし
できるだけ集中する環境に持っていって
ゲームで遊んでもらえる時になったら
「ぐは。楽しい。」と心で にやりと感じてもらえたら最高です

STAY HOME & WORK HARD

自分ではどうにもならないのが健康
持って生まれた体質もあるし、気をつけていこう

STAY HEALTHY

家での仕事は腰をやられますので適度な運動と息抜きが大事だと思います

家族から紹介された運動YouTuber

自分はやりません

筋肉痛になるので<(_ _)>

タグ: