ぶらり山梨

耳休めタ~イム(笑)

双葉SA上り線 信玄公生誕500年プロモーションブーーース

じわじわくる2ショット

車内未換気(外が寒いから)のまま激論していたら

10分位で二酸化炭素濃度が2,000ppm越えに!

車内でCO₂ 1,800ppmくらいを超えると、あくびが出ます

外気導入するとすぐ下がりますね^^


MNG 健康編

二酸化炭素濃度測定器を購入

標高が高いので、元々酸素は薄いですが、二酸化炭素濃度はどんなもんだか買ってみました

外の二酸化炭素濃度

音楽作業部屋の二酸化炭素濃度

ストーブは室外排気式

もっと濃度が高めかと思っていましたが、意外と低いので良かったです

厚生労働省によると部屋の二酸化炭素濃度は1,000ppm以下が望ましいらしいです

睡眠の質にも影響するそう(-o-) ↓


真夜中のラック収納

片付けしている場合ではないのですが(汗

耳休めタイム(汗

引っ越し以来、放置していたエフェクターとかをまとめて収納しました

上から

マイクプリ

ヴォコーダー

エフェクターです

こちらは

soundhouseさんで安いラック(3000円)を購入

略してヤスラック

安いけどしっかりしてます

とりあえず gocya☆gocyaですが、つっこみました☆


Acustica Audio ACQUA – Purple3

此処の所、生オケのMIX作業中です

AcusticaのPULTEC IRプラグイン ACQUA – Purple3

PULTECというと、DRUMとかリズム系に使って低音ぶっとく!とかの用途で使われているイメージがありますが、生オケとの相性が良いと感じます

PULTEC Equalizerの最大の特徴は、つまみを動かしながらイメージした音像に素早くたどり着ける設計です

生オケのように楽器が多い場合でも、めっちゃスピーディ

PULTECは実機を持っていますが、このPurple3は、かなり実機に近いので重宝しています^^

知らんけど

https://www.acustica-audio.com/store/products/purple